8月1日白河カルチャー教室エンディングノートセミナー

「もしも」の時に家族やサポートしてくれる人に自分の情報、希望、想いを伝える「エンディングノート」

終活といえばエンディングノートですが、実は書き上げる人はなんとわずか1%なんです。

梅雨明けしたら連日の真夏日で、熱中症が心配ですね。終活水先人 ココロノテです。

夏本番の8月1日 白河市中心街市民交流センター マイタウン白河にて

白河カルチャー教室 終活講座「エンディングノートセミナー」を開催しました。

暑い中9名の参加がありましたが!なんとノートパソコン動きません⁉

残念ながらスライド無し、手持ちの資料を使って行いました。

参加してくれた方にはご迷惑をおかけしてしまいました。

話としては

病気になったときに延命措置を望むか望まないか

自身の介護必要になったときどうしたいか

財産・貴重品に関すること

葬儀に対する希望

プロフィール、自分史、家系図

ペットに関する終活

などをお話させて頂きました。

エンディングノート書き方のポイントもお話しました。

全部書き上げるのは大変ですが、

全く書かないよりも書けるところから少しずつでも書いておくと

いざという時に家族やサポートしてくれる人が困りません。

エンディングノートの置き場所も伝えておくのも大事なポイントです。

 

次回の白河カルチャー教室にも参加予定です。

エンディングノートセミナー開催したい方、講師お探しの方おりましたら

講師依頼のページやお問合せからお申込みください。

 

 

 

新しい終活としてVRエンディングノートについてセミナーを開催します。

新たな映像の世界(仮想現実)でご自分の想い、伝えたい感謝、言葉などを映像にして家族に伝えませんか?

 

突然訪れるかもしれない”もしもの時”にあなたの考えが尊重されるように
残される家族のためにも書いておくべきエンディングノートの記入をお勧めしていますが、
書き終える人はわずか1%しかいません。

 

字が汚い、文章にして書けない、

 

写真、ビデオやDVDなどの映像に撮影して残すという方もいますが、もし紛失や破損した場合見れなくなることもあります。

 

せっかくの映像に残すならVR(バーチャルリアリティー)仮想現実という新しい映像技術VR動画を使って終活に活用しましょう。

VR動画は現在様々な分野(ゲームや医療、不動産、ショッピングなど)で使われ始めています。

VR動画の保存方法はWebです。ネットに繋げられる環境があれば紛失や破損の心配が無くなります。

終活セミナーや終活相談を受けている終活の専門家 終活水先人ココロノテが提案するのが
終活+VR動画 =VRエンディングノートの作成です。

セミナーではVR体験ができます。あなたの想いを仮想現実で残しましょう。

 

<日時>2020年5月30日(土曜日)14:00~16:00

<会場>サミットスペースパルレット
福島県白河市泉田池ノ上131-1
(国道4号線白河市内から郡山・矢吹方面に進むと「TAISEI」の看板が目印)
<参加費>一人2000円 当日集めます。
<定員>15名

<持ち物>筆記用具、ご自分のお飲み物など

お申込みはこちらから

 

終活に関するご相談承ります

『終活水先人 ココロノテ』では、終活に関する相談を承っています。

手続き関係や準備の事等、ご不安な事やご不明点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

あなたと大切なご家族に寄り添います。
人生の最後を立派で良しとする為に終活のお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事