【死後離婚】姻族関係終了届の出し方、考える理由について
配偶者が先に亡くなってしまい残された方、 亡くなった配偶者の親、兄弟姉妹との関係は続けていきますか? 特に女性(嫁)が残された場合で、 旦那の親(お舅さんお姑さん)が高齢になり介護の問題が浮上した時面倒みれますか? みれないと思った方は死後離婚、姻族関係終了届について知っておくと選択肢が増えますよ。

死後離婚とは

死後離婚という言葉きいたことありますか 実は”死後離婚”は造語なんです。 配偶者のどちらかが死亡した時点で婚姻関係は「終了」となり離婚届の提出は必要ありません。

姻族関係終了届とは

配偶者が亡くなった後に「姻族関係終了届」という書類を役所に提出すると、配偶者とその血族との姻族関係を終了させることができます

姻族関係終了届のメリット・デメリット

”死後離婚”は配偶者の死後、残された家族が「姻族関係終了届」を提出して配偶者とその血族との関係を断ち切ることであり、戸籍上の変化はなく、配偶者や子どもとの関係は変わりません。 どちらかと言えば配偶者との血族との縁切りです。死後離婚という言葉に違和感を感じます。 一番のメリットは姻族関係終了届を出すと亡くなった配偶者の親兄弟の面倒をみなくても良いことになります。(扶養義務が無くなる)嫁姑問題で揉めていた、仲が良くない場合には助かります 姻族関係終了届を提出しても、相続や遺族年金の受給資格に影響はないので、経済的なデメリットはありません。 結婚前の苗字に戻りたい場合は”復氏届”があります。ただし復氏届で旧姓に戻れるのは本人だけです。配偶者との間に子供がいる場合は亡くなった配偶者の戸籍に残ることになりますので注意してください。 どちらも市区町村役場に配偶者の死亡届が提出された後であれば提出できます。 ただし、一度姻族関係終了届を出して受理されると一度終了させた姻族関係を復活させることはできませんので届を出す場合にはしっかりと考えてから出してください。

姻族関係終了届どこで手続きする?

姻族関係終了届のダウンロードができる役所もあるようですが 役所によって用紙の指定があるかもしれませんので問い合わせをするとよいでしょう。 届を出すのは生存している遺された配偶者です。 期限はありません。死亡した配偶者の死亡届が受理されたらいつでもOKです。 生存している遺された配偶者の本籍地か住所地の市区町村役場に出します。  

姻族関係終了届を出すのに必要なもの

  • 姻族関係終了届 1通
  • 戸籍謄本 1通(本籍地以外に提出する場合はもう1通必要かも)
  • 印鑑
  • 届を出す人の身分証明書(運転免許症など)

死後離婚を考える主な理由

【1】生前から離婚を考えていた

夫婦仲がよろしくない

【2】配偶者の親族と縁を切りたい

舅、姑、小姑がいろいろ言ってくる?

【3】義父母の介護、扶養をしたくない

介護要員ではない

【4】配偶者や義父母と同じ墓に入りたくない

知らない先祖と一緒は嫌だそうです 終活が盛んになってきた理由や家族の在り方の変化やお墓についての考えの変化が死後離婚が増えている原因かもしれません。

夫の墓には入りません

題名が気になって読みました。まさしくこういう状況に置かれるんでしょうね。 ある晩、夫が急死。これで嫁を卒業できると思いきや、舅姑や謎の女が思惑を抱えて次々押し寄せる。〝愛人〟への送金、墓問題、介護の重圧……がんじがらめな夏葉子の日々を変えたのは、意外な人物と姻族関係終了届!? 婚姻の枷に苦しむすべての人に贈る、人生逆転小説。『嫁をやめる日』を改題。〈解説・角田龍平〉
    死後離婚を考える人がこれから増えてくると思われます。書籍にも取り上げられるようになっています。 配偶者がお亡くなりになっていろいろと大変にはなりますが、しがらみがある場合にはすっきりとさせても良いのでは? 相談したい、話聞いてほしいなどありましたら終活水先人 ココロノテにご相談してください。

終活に関するご相談承ります

『終活水先人 ココロノテ』では、終活に関する無料相談を承っています。

手続き関係や準備の事等、ご不安な事やご不明点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

あなたと大切なご家族に寄り添います。
人生の最後を立派で良しとする為に終活のお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事