アルコール消毒じゃなくても新型コロナウィルスの消毒できます。

新型コロナウィルスの感染が日に日に拡大しています。
消毒アルコールやマスクなどが買い占めなどにより品薄になっています。
毎朝、ドラックストアでの行列している姿はコロナ対策に反しています。
終活の専門家の終活水先人ココロノテですが、今回はアルコール消毒以外でできる新型コロナウィルス対策でお知らせいたします。

次亜塩素酸(じあえんそさん)ナトリウムとは

次亜塩素酸のナトリウム塩です。
化学式は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも言います。水溶液はアルカリ性です。

水溶液は安定で長期保存が可能だが、時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液(食塩水)に変化していきます。
高濃度の状態ほど分解しやすく、低濃度になると分解しにくくなる。
高温や紫外線で分解が加速するため、常温保存では濃度維持が出来ません。
特異な臭気があり、酸化作用、漂白作用、殺菌作用があります。

適切な濃度で使用すれば多くの細菌やウイルス、芽胞に効果を示すため、医療器具やリネンの消毒に使用されています。殺菌効果は次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの酸化力に依存しています。これらが有機物に触れると相手を酸化すると同時に自身も分解して殺菌効果が急速に減少していきます。
水溶液はアルカリ性であるが強い酸化力を持つため、金属に使用すると錆が発生しやすいです。

危険性

酸との反応

家庭用製品に『混ぜるな危険』の注意書きにもあるように、漂白剤や殺菌剤といった次亜塩素酸ナトリウム水溶液を、塩酸などの強酸性物質(トイレ用洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒な塩素ガスが発生します。
浴室で洗剤をまぜたことによる死亡事故も起きているので、取り扱いには注意が必要です
また、塩酸ほどではないものの、食酢やクエン酸、炭酸を多く含む物質をかける事も危険です。
いずれにせよ換気を良くし、使用量を最小限に留める事が肝要です。

  • 混ぜるな危険
    次亜塩素酸ナトリウムは酸性の物質と混ぜると有毒な塩素ガスが発生するため、絶対に混ぜてはいけません。市販されているトイレ用や住居用の洗剤には酸性の製品もありますのでご注意ください。
  • 直接触れない
    次亜塩素酸ナトリウムは皮膚に対する刺激が強いため、直接触れてはいけません。水で薄めるときや消毒に使うときには十分な換気を行い、メガネやマスク、ゴム手袋やゴム長靴などで目と手足を守りましょう。
  • 薄めた消毒液は早めに使い切る
    希釈した次亜塩素酸ナトリウムは、日が経つにつれて有効塩素濃度が低下していきます。そのため、消毒液を作り置きしていると十分な消毒効果が得られないこともあります。作り置きはせず、必要なときに必要な分だけ作るようにしてください。

家庭用塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)による消毒方法

アルコールが無くても消毒ができますので是非参考にしてください。

手順

手が触れるところ机やドアノブ、電気スイッチなど1日1回以上消毒することで予防効果があります。

手順1:手袋をして次亜塩素酸ナトリウム希釈液に雑巾を染み込ませ絞る。

手順2:机・ドアノブ・電気スイッチ等を拭く。
※金属性のものは錆びてしまう可能性があるので次亜塩素酸ナトリウムで拭いた後は水拭きしてください。

消毒液(次亜塩素酸ナトリウム希釈液)の作り方

次亜塩素酸ナトリウムが入っている商品

厚生労働省のホームページより

 

1リットルの希釈液を使い切るのは大変なのでペットボトルを使った作り方

作り置きはできません。古くなると効力が落ちるのでこまめに作るために量を減らして作成しましょう。

ハイター容器のフタに入る量は25㎖、ですがペットボトルのふたに入る量は5㎖

使用濃度 原液濃度 原液 水の量
0.1% 5% 10㎖(ペットボトルのキャップ2杯) 500㎖のペットボトル1本の水
0.05% 5% 5㎖(ペットボトルのキャップ1杯) 500㎖のペットボトル1本の水

※ 水は水道水で大丈夫です。

0.1パーセント希釈液

おう吐、ふん便の処理

家族に新型コロナウィルス感染者の方やノロウイルス感染者の方の排出されたものに対して使用します。
濃度が濃いため、刺激臭もあります。普段使いはしないほうが良いです。

 

0.05パーセント希釈液

調理器具、トイレのドアノブ、便座、床、衣類などの消毒

予防のために使うのは0.05パーセント希釈液がよいです。
ただし、金属の物は薄く希釈されていますが錆びるので水拭きが必要になります。

 

やっぱり手洗いが基本

こまめに石鹸をつかって手洗いをしましょう。

品薄な消毒用アルコールが無くても、身近なもので感染予防をすることができます。
いい加減な情報に惑わされずに、しっかりした情報を取り入れてできることから行いましょう。
今は我慢の時期ですが、お互いに頑張りましょう。

 

 

新しい終活としてVRエンディングノートについてセミナーを開催します。

新たな映像の世界(仮想現実)でご自分の想い、伝えたい感謝、言葉などを映像にして家族に伝えませんか?

 

突然訪れるかもしれない”もしもの時”にあなたの考えが尊重されるように
残される家族のためにも書いておくべきエンディングノートの記入をお勧めしていますが、
書き終える人はわずか1%しかいません。

 

字が汚い、文章にして書けない、

 

写真、ビデオやDVDなどの映像に撮影して残すという方もいますが、もし紛失や破損した場合見れなくなることもあります。

 

せっかくの映像に残すならVR(バーチャルリアリティー)仮想現実という新しい映像技術VR動画を使って終活に活用しましょう。

VR動画は現在様々な分野(ゲームや医療、不動産、ショッピングなど)で使われ始めています。

VR動画の保存方法はWebです。ネットに繋げられる環境があれば紛失や破損の心配が無くなります。

終活セミナーや終活相談を受けている終活の専門家 終活水先人ココロノテが提案するのが
終活+VR動画 =VRエンディングノートの作成です。

セミナーではVR体験ができます。あなたの想いを仮想現実で残しましょう。

 

<日時>2020年5月30日(土曜日)14:00~16:00

<会場>サミットスペースパルレット
福島県白河市泉田池ノ上131-1
(国道4号線白河市内から郡山・矢吹方面に進むと「TAISEI」の看板が目印)
<参加費>一人2000円 当日集めます。
<定員>15名

<持ち物>筆記用具、ご自分のお飲み物など

お申込みはこちらから

 

終活に関するご相談承ります

『終活水先人 ココロノテ』では、終活に関する相談を承っています。

手続き関係や準備の事等、ご不安な事やご不明点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

あなたと大切なご家族に寄り添います。
人生の最後を立派で良しとする為に終活のお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事