認知症の種類と軽度認知障害(MCI)について

 

2025年には認知症患者数が約700万人前後に増加し65歳以上の約5人に1人になる見込みといわれてます。

認知症になってしまうと今までできていたことができなくなり、お金の管理、介護施設の問題、成年後見人、相続など・・・終活するうえで認知症についても知っておかないといけません。終活の専門家、医療系資格を持つ終活水先人 ココロノテが認知症の種類、軽度認知障害(MCI)についてご説明していきます。

認知症とは?

一度正常に発達した知能が日常生活を営むことのできなくなるくらいに衰退してしまう状態をいい、あくまでも成人期に起こる知能低下のこと

生理的加齢の「物忘れ」と認知症高齢者の「物忘れ」との違い

昨日の夕飯何を食べましたか?

夕飯食べたのは覚えているけど、献立が思い出せない⇒生理的加齢による物忘れ

夕飯食べたことすら覚えていない⇒認知症高齢者の物忘れ

生理的加齢 認知症高齢者
物忘れの仕方 経験した一部を忘れる 自分が経験したすべてを忘れる
物忘れの自覚(病識) 自覚あり 自覚なし
日常生活 支障はあまりない 支障が著しく支援を要する
経過 進行しない 進行する
見当識障害 少ない あり

見当識障害(時間、場所、人物、季節感などが認識できなくなる状態)

 

変性疾患

ゆっくりと脳の神経細胞が変性・減少しておこる。
アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症

血管性疾患

脳梗塞や脳内出血などが原因で脳の神経細胞に栄養や酸素が行き届かずに起こる。
脳血管性認知症

認知症の種類

アルツハイマー型認知症

認知症の中では最も多く日本人の約7割がアルツハイマー型認知症と言われてます。

脳内のアミロイドβ(ベータ)と呼ばれる異常なタンパク質が蓄積して脳の神経細胞が死滅し、脳の萎縮を進行させます。記憶を司る海馬を中心にゆっくりと侵されていくため、記憶障害が初期症状として現れやすいです。アミロイドβがなぜたまるのかの原因は不明です。高齢化とともに発症率が上昇、女性に多い傾向です。

脳血管性認知症

認知症の約2割を占めます。

脳梗塞や脳内出血で脳の一部に酸素や栄養素がいきわたらなくなることで組織が壊死して認知症が発症する。そのため障害を受けている部分と受けていない部分で認知機能の低下に差がみられる場合があります。人格の変化は少ないが手足のまひ、歩行障害、言語障害を伴うことがあります。一度の脳梗塞や脳内出血で認知症が発症する場合もあるが、多くは小さな脳梗塞が何度か繰り返されることで時間をかけて発症します。

レビー小体型認知症

脳の神経細胞にレビー小体と呼ばれる異常なタンパク質が蓄積して発症します。アルツハイマー型認知症と比べてはっきりとした脳の萎縮が見られない場合が多いです。

初期症状としては幻覚や妄想が起きやすい、筋肉が硬化することで手足が震える、動作がゆっくりになるなどがあります。認知症が目立つようになるのはある程度症状が進行してからで、最初は認知障害以外の症状からはじまることが多いです。

前頭側頭型認知症

大脳の「前頭葉」や「側頭葉」において萎縮がみられ人格や行動が大きく変化していき、運動障害、失語症、認知記憶障害などもみられます。人格や行動の変化は反社会的な行為にもつながり、痴漢や万引きなどで通報、逮捕される場合もあります。そのため早期にうつ病や統合失調症などの精神疾患と誤診される場合もあります。

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)

認知症予備軍で「記憶、決定、理由付け、実行などの認知機能のうち1つの機能に問題が生じているが、日常生活において支障がない状態」をいい、正常と認知症の中間の段階とされてます。

 

MCIの5つの定義

  1. 記憶障害の訴えが本人または家族から認めれている。
  2. 日常生活動作は正常である。
  3. 全般的認知機能は正常である。
  4. 記憶検査で同年齢の人と比べて記憶力が明らかに低下している。
  5. 認知症の診断基準は満たさない。

MCIを放置すると、認知機能の低下が進み、3~5年後には約50%の人が認知症になると言われてます。

 

 

認知症を早期に発見し、治療・対策を早く開始することができれば認知症の進行を遅らせることが可能です。

心託サービスでは脳の健康診断を行っております。サービス一覧

症状・状態について相談したい、近くに専門医がいる病院知りたいなどの相談には医療情報提供サービスのご利用をお勧めします。医療情報サービス

もしも認知症と診断された場合は成年後見人制度についても考えなくてはいけません成年後見制度には、2種類あります。

わからないこと、相談したいことがあれば終活水先人 ココロノテにお問合せください。

 

新しい終活としてVRエンディングノートについてセミナーを開催します。

新たな映像の世界(仮想現実)でご自分の想い、伝えたい感謝、言葉などを映像にして家族に伝えませんか?

 

突然訪れるかもしれない”もしもの時”にあなたの考えが尊重されるように
残される家族のためにも書いておくべきエンディングノートの記入をお勧めしていますが、
書き終える人はわずか1%しかいません。

 

字が汚い、文章にして書けない、

 

写真、ビデオやDVDなどの映像に撮影して残すという方もいますが、もし紛失や破損した場合見れなくなることもあります。

 

せっかくの映像に残すならVR(バーチャルリアリティー)仮想現実という新しい映像技術VR動画を使って終活に活用しましょう。

VR動画は現在様々な分野(ゲームや医療、不動産、ショッピングなど)で使われ始めています。

VR動画の保存方法はWebです。ネットに繋げられる環境があれば紛失や破損の心配が無くなります。

終活セミナーや終活相談を受けている終活の専門家 終活水先人ココロノテが提案するのが
終活+VR動画 =VRエンディングノートの作成です。

セミナーではVR体験ができます。あなたの想いを仮想現実で残しましょう。

 

<日時>2020年5月30日(土曜日)14:00~16:00

<会場>サミットスペースパルレット
福島県白河市泉田池ノ上131-1
(国道4号線白河市内から郡山・矢吹方面に進むと「TAISEI」の看板が目印)
<参加費>一人2000円 当日集めます。
<定員>15名

<持ち物>筆記用具、ご自分のお飲み物など

お申込みはこちらから

 

終活に関するご相談承ります

『終活水先人 ココロノテ』では、終活に関する相談を承っています。

手続き関係や準備の事等、ご不安な事やご不明点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

あなたと大切なご家族に寄り添います。
人生の最後を立派で良しとする為に終活のお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事