在宅介護で使える介護サービスについて相談するには

最後は自宅で過ごしたい。家族と暮らしたい。施設に行くのはお金がかかる。在宅介護を希望する方もいます。

在宅介護を始める時に利用できる介護サービスについての説明や条件、どこに相談すれば良いのかわからない方はこちらをご覧下さい。

終活は亡くなった後の事だけでは、ありません。生きている間の事も準備するのが終活です。

そこで終活の専門家の終活水先人ココロノテが在宅介護始める場合どこに相談に行けば良いのかをご説明いたします。

 

自宅で利用するサービス

訪問介護(ホームヘルプ)
訪問看護
夜間対応型訪問介護
看護小規模多機能型居宅介護(旧・複合型サービス)
訪問入浴介護
訪問リハビリテーション
定期巡回・随時対応型訪問介護看護
居宅療養管理指導

自宅から通って利用するサービス

通所介護(デイサービス)
認知症対応型通所介護
短期入所療養介護(ショートステイ)
小規模多機能型居宅介護
地域密着型通所介護(小規模デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所生活介護(ショートステイ)

生活環境を整えるためのサービス

福祉用具貸与
住宅改修
特定福祉用具販売

生活の場を自宅から移して利用するサービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設
特定施設入居者生活介護
認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
介護療養型医療施設
地域密着型特定施設入居者生活介護
介護医療院

介護予防のためのサービス

介護予防訪問看護
介護予防居宅療養管理指導
介護予防認知症対応型通所介護
介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)
介護予防福祉用具貸与
介護予防住宅改修
介護予防特定施設入居者生活介護
介護予防訪問入浴介護
介護予防訪問リハビリテーション
介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)

特定介護予防福祉用具販売
介護予防小規模多機能型居宅介護

上記にあげたのは、在宅で介護する場合に利用できる制度ですが、いっぱいありますし、訳がわからないですよね。

 

居宅介護支援サービス

介護の専門家に相談でき、またケアプランの作成をしてくれるサービスです。
介護の専門家である介護支援専門員(ケアマネージャー)が、ご本人、ご家族の要望、生活環境を確認し、適切な介護サービスが受けられるようサポートをしてくれます。
介護保険の各種サービスを利用する際にはケアマネージャーが作成してくれるケアプラン(介護支援計画)が必要です。

ケアマネージャーのサポート内容
サービス利用の相談、助言 / 要介護認定等の手続き代行 / ケアプランの作成、見直し / 介護サービス提供事業者との連絡、調整 / 各種自治体サービスの紹介 / 施設、病院との連携、紹介 など

介護の相談、わからないことの窓口は地域包括支援センタ-へ

地域包括支援センターは、各地域に設けられ、地域で暮らす高齢者の皆さんが自立的に健やかな生活を送るための支援を行っています。
主任ケアマネジャー・社会福祉士・保健師という専門家が配置されており、それぞれの専門性を活かしながら、互いに連携を取りつつ「チーム」として総合的に高齢者を支えています。

どういう時に相談すればいいの?

介護全般の相談

・介護サービスにどういうものがあるかわからない
・介護サービスをどのように使ってよいかわからない
・介護保険を使いたい、要介護認定の申請をしたい
・ケアマネさんを選びたい
・介護保険サービスだけでは不安
・介護や認知症に関する家族会を紹介して欲しい

介護の予防に向けての相談

・介護にかからないように介護予防教室を受けたい
・要支援のため、介護予防ケアプランを作って欲しい
・介護予防プログラムに参加したい

高齢者の安心・安全な生活の相談

・近所の高齢者がきちんと生活出来ているか心配
・知り合いの高齢者が虐待されているような気がする
・高齢者に向けての悪質商法が行われている
・成年後見制度を利用したい

その他色々な相談

・引っ越してきたばかりで地域のことが良くわからない
・ボランティアをお願いしたい
・地域で行われている高齢者向けサービスや取り組を知りたい

地域包括支援センターに相談するには?

1. 自分の聞きたいことや不安なことを簡単にメモしましょう

漠然とした不安ではなかなか相談するのも難しいですし、何が困っていることなのか、簡単にまとめておきましょう。
例えば「家の階段を登り下りするのが辛くなってきた」「両親が外出をせず自宅にひきこもりきりになっている」「介護サービスを利用しているが別のサービスの利用も検討したい」などです。
要点がまとめられていることで地域包括支援センターでの対応がスムーズになります。

2. 電話をして日時を決めましょう

突然の訪問では、困っていることに対して適切な専門家の応対が出来ない事があります。
電話口で相談の内容を簡単に伝え、希望の日時を伝えましょう。
地域包括支援センターは市役所や区役所に設置されているとは限らず、介護事業者に委託されているケースもあります。
場所や交通手段も合わせて確認しておきましょう。

3. 困りごとと要望を伝えましょう

何か手続きを行う事がある場合は、認印を持参していくとスムーズです。
相談員の方がいらっしゃったら、事前にメモした内容を見ながら困りごとを伝えましょう。
自分の言葉で丁寧に話すように心がけ、自分の周りに起こっている問題が相手にきちんと伝わるようにしましょう。
今後も継続して相談が必要な場合は、相談する人の名前、連絡先を確認し、次回以降の相談方法についても相談して下さい。

4. 今後のために情報収集しましょう

地域包括支援センターでは地域が独自に行っているサービスが掲載されているパンフレットや、地域の介護事業者のリストなどが置いてあることがあります。
介護が必要な親と一緒に見たり、日ごろ相談にのって頂いている知人と見たりすると思わぬ発見をすることもあります。

 

 

介護保険については、介護保険を使いたい時は

介護施設については、介護施設の種類と入居する為の条件、手続きについて

介護、終活についての相談、お問い合わせは終活水先人ココロノテにお問い合わせ下さい。

終活に関するご相談承ります

『終活水先人 ココロノテ』では、終活に関する無料相談を承っています。

手続き関係や準備の事等、ご不安な事やご不明点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

あなたと大切なご家族に寄り添います。
人生の最後を立派で良しとする為に終活のお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事