葬儀の一般的な流れ
お亡くなりになる:死亡場所第1位  病院
搬送:お亡くなりになるとすぐに看護師から葬儀社どこにしますかと言われます。
   葬儀社を決めている場合は連絡して搬送してもらいますが、
       決めていない場合:病院から紹介してもらえたり、
                    教えてくれる場合もあります
                    指定の葬儀社しか認めないなど
ご自宅についてご葬儀の規模、内容などなど話し合いになりますが
見積りを必ず確認してください。
思っているより高額な金額を提示してきます。
納得がいかない場合は、規模、内容の変更を申し出てみましょう。
やっぱり無理な場合は違う葬儀社を探しましょう。
ここまで掛かった費用をお支払いして次の葬儀社を見つけます。
後悔しないためにも葬儀社は前もって考えておくことをお勧めします。
他の人の葬儀に参列した時に葬儀社を見ておく、評判、価格を調べておく、
前見積りを取ってみるなど、やれる事はやっておきましょう。
葬儀費用とは別に
仏式なら菩提寺に戒名代、読経代が掛かります。
精進落としで振る舞う料理や配膳を手伝う人の料金や費用は葬儀代には
含まれていません。
必ずしも、お通夜、告別式やらなくても良いんです。
ご葬儀もいろいろな呼び方で行っています。
火葬式:お通夜、ご葬儀を行いません。
1日葬:お通夜がないお式です。
家族葬、一般葬:お通夜、ご葬儀行います。50名以下を家族葬、それ以上を一般葬と言います。
また
土地によっては、葬儀の順番が違う所があります。
お通夜→火葬→ご葬儀の順番の地域もあります。
遠方に行く葬儀の場合はご確認したほうが間違いありません。
ご葬儀の費用やお金の話などもセミナーでお話せていただいております

そういう方のお役に立てるよう、定期的にセミナーを開催いたしますので、ご関心のある方はぜひ足をお運びください。

ご葬儀の種類については

通夜・葬儀を行わない火葬式(直葬)とは

お通夜を行わない、葬儀・火葬だけ行う一日葬とは

2日間にわたって行われるお別れの儀式のお通夜・葬儀について

それぞれまとめております。ご参考にしてください。

また、無料相談も承っております。

終活に関する事でしたら、なんでもお気兼ねなくご相談ください。

⇒無料相談はこちらから24時間承っています。

新しい終活としてVRエンディングノートについてセミナーを開催します。

新たな映像の世界(仮想現実)でご自分の想い、伝えたい感謝、言葉などを映像にして家族に伝えませんか?

 

突然訪れるかもしれない”もしもの時”にあなたの考えが尊重されるように
残される家族のためにも書いておくべきエンディングノートの記入をお勧めしていますが、
書き終える人はわずか1%しかいません。

 

字が汚い、文章にして書けない、

 

写真、ビデオやDVDなどの映像に撮影して残すという方もいますが、もし紛失や破損した場合見れなくなることもあります。

 

せっかくの映像に残すならVR(バーチャルリアリティー)仮想現実という新しい映像技術VR動画を使って終活に活用しましょう。

VR動画は現在様々な分野(ゲームや医療、不動産、ショッピングなど)で使われ始めています。

VR動画の保存方法はWebです。ネットに繋げられる環境があれば紛失や破損の心配が無くなります。

終活セミナーや終活相談を受けている終活の専門家 終活水先人ココロノテが提案するのが
終活+VR動画 =VRエンディングノートの作成です。

セミナーではVR体験ができます。あなたの想いを仮想現実で残しましょう。

 

<日時>2020年5月30日(土曜日)14:00~16:00

<会場>サミットスペースパルレット
福島県白河市泉田池ノ上131-1
(国道4号線白河市内から郡山・矢吹方面に進むと「TAISEI」の看板が目印)
<参加費>一人2000円 当日集めます。
<定員>15名

<持ち物>筆記用具、ご自分のお飲み物など

お申込みはこちらから

 

終活に関するご相談承ります

『終活水先人 ココロノテ』では、終活に関する相談を承っています。

手続き関係や準備の事等、ご不安な事やご不明点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

あなたと大切なご家族に寄り添います。
人生の最後を立派で良しとする為に終活のお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事